ニキビの原因

成長期にはニキビが出来やすいと言われています。
思春期にはどうしてニキビが出来やすく、治りにくいのでしょう?ニキビの出来る主な原因は、多量の皮脂分泌と言われています。
皮脂というのは、肌の毛穴にありますが、毛穴の内部に存在している皮脂腺という場所から分泌されています。
この皮脂腺は、肌の表面に薄い膜を作る働きがあります。
肌表面に皮脂膜が出来る事により、肌に必要不可欠な事をしているのです。
その必要不可欠な事は、肌に必要な保湿です。

皮脂膜が肌表面を覆う事で、水分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守っているのです。
たとえるなら、天然の保湿クリームと言えます。
さらに、皮脂には保湿の他になくてはならない働きも行います。
それが抗菌作用です。
肌表面には、色々な細菌が存在しています。
その中にアクネ菌という細菌があります。
これらの最近は常在菌と言われており、肌の表面に存在しているのです。
これらの常在菌は、肌の皮脂を栄養分として繁殖します。
しかし、皮脂にはそれら常在菌の繁殖を防ぐための皮脂酸を含有しており、適度な皮脂の場合、繁殖も減少も無く一定の量の細菌がいる状態になります。

ニキビの原因は、皮脂の分泌が多くなり、それらを栄養素としている常在菌が増殖し、肌の保湿バランスなどが崩れた時に発症します。
ですから、スキンケアは大切な事になります。
色々なスキンケア用品が販売されていますが、保湿成分や肌を清潔に保つ成分を含有している物を選択しましょう。



≪外部リンク≫
肌に必要な保湿でバリア機能を高め、ニキビを改善するスキンケア商品です > ニキビ 改善

Copyright © 2014 大人ニキビと思春期ニキビは違う? All Rights Reserved.